読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわ生活

都会での生活に疲れてワーホリ行ってみたけど失敗した20代半ば♀、ゆる〜くふわっと生きてます。主に映画と本と美容とゆるふわについて書きたいです。

メイクの効果。

元美容部員です。

昨年まで、約3年半都内で働いていました。

退職した今でも以前働いていたブランドは大好きですし、美容アイテムも以前ほどではないにせよ興味はあります。

やっぱりお肌が綺麗だったり、可愛くお化粧できると、日々の生活にもハリがでますよね。

 

しかし最近は、ほぼノーメイクで過ごしています。

日焼けをしない程度に、SPF入りのファンデーションをつけて、眉をかくくらい。

なぜか。

ドイツに来て彫りの深い方々に囲まれて生活していると、アジア人である私がメイクしようがしまいが何も変わらないような気がしてならない、からです。笑

韓国人のクラスメートにこの話をしたところ、意気投合しました。

それと、肌の状態が不安定なことも理由の一つです。

もともとニキビができやすい体質に加えて、気候の影響でとにかく肌が乾燥します。

 

私が今の生活に対するやる気が出ない一つの理由は、そこにあるのかなーと最近思います。

仕事に行く、遊びに行く、とにかく家から出て誰かに会うときは、きちっと化粧することで自分のモードが切り替えられます。

つまり、メイクをしないと切り替えられない。

だったらメイクすればいいだけの話なんですけどね。

する気にならないので、しょうがない。

 

メイクだけでなく、ファッションもそう。

ドイツの方、いえ、日本人や韓国人以外?は、基本パンツスタイルであまりスカートを履いている人を見かけません。

スカート大好きワンピース大好きな私は、異国の地であまり目立たないようにと普段履かないパンツを履くようにしているのですが、それがまずかった。

自分に似合わない服装をすることが、こんなに苦しいなんて。

ただ、帰国を決めた以上荷物は絶対に増やしたくないので、持ってきた服で過ごそうときめました。

これもまた、やる気が出ない原因の一つです。おそらく。

 

 

メイクもファッションも、自分自身の気分の切り替えに大きな役目を果たします。

上手に眉がかけたとき、それだけで1日が楽しくなる。

アイラインが上手く引けなかったとき、それだけですこし落ち込む。

お気に入りのワンピースを着ているとき、それだけでテンションが上がる。

自分に似合ってないなと思う服を着ているとき、それだけですこしテンションが下がる。

女子って、そんなもんですよね。

日々を楽しく過ごすために、自分好みのメイクやファッションで上手に気分を切り替えていきたいものです。