ゆるふわ生活

都会での生活に疲れてワーホリ行ってみたけど失敗した20代半ば♀、ゆる〜くふわっと生きてます。主に映画と本と美容とゆるふわについて書きたいです。

前髪の破壊力。

前髪を切ったら大失敗しました、ねこです。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160503165643j:image

 

ドイツに来るにあたり、ただでさえ童顔のこの顔で前髪が短いと余計に幼く見えるだろうと思って、1年半かけて伸ばしていました。

でも本当は、短い前髪の方が、好きです。

 

しかし、ドイツに来て一ヶ月、前髪が長くても未成年にしか見られないことが判明しました。

というわけで、だったら短くしても未成年だし好きな髪型にしたいなと思って、思い切って自分で切ることに。

 

とはいえ、長かった前髪を自分で短くするっていうのはなかなか大変で。

切り方をネットで調べたり動画を見たりしながら、挑戦してみました。

 

 

撃沈。

やっぱり、無謀だったな。

帰国してから美容室に行くべきだったな。

綾瀬はるかちゃんや木村文乃ちゃんのようなアシメにしたかったのですが、真ん中を短く切りすぎてしまってどうしようもなくなってしまいました。

これ以上触るともっとひどくなりそうなので、とりあえずこのままで。

かなり落ち込みますね、前髪失敗って。

 

友人に超ネガティブLINEを送って慰めてもらい多少すっきりしましたが、そうしたら今度はこの歳で前髪切るのを失敗したくらいでこんなに激しく落ち込むなんてアホらしいという情けなさに襲われて。

はあ、こういうときこそ、ゆるふわです。

 

前髪を切ったときの私は、切りたくて切りたくてしょうがなかった。

もし前髪を切る前に戻ったとしても、私は絶対にまた切り、そして失敗する。

だから過去に戻りたいとも思わないし、こんなに落ち込んでいるのに矛盾しているようですが、後悔はしていません。

やりたくてやったんだから。

しょうがないんです、失敗しちゃうのは。

失敗を恐れていたら、何もできませんからね。

 

髪の毛は、伸びる。

髪の毛に執着せず、気にしなければいいだけ。

髪の毛は、ただ、短く、少しガタガタしているだけ。

それを失敗と捉えているのは私だけで、慰めてくれた友人や語学学校のクラスメートは可愛いと言ってくれているのも事実。

いい方にとらえよう。

ゆるふわゆるふわゆるふわ。

 

と、自分に言い聞かせています。