読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるふわ生活

都会での生活に疲れてワーホリ行ってみたけど失敗した20代半ば♀、ゆる〜くふわっと生きてます。主に映画と本と美容とゆるふわについて書きたいです。

ケルン。

ケルン大聖堂が見たい!と思い、フランクフルトの次はケルンへ。

ケルン大聖堂、駅を出たら目の前にありました!

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601042950j:image

 

カメラに収まらない!!!!!

とにかく、デカい!!!!!(語彙力のなさ・・・笑)

大きい、より、デカい、という言葉の方が合ってる気がする。

高さ157m、ドイツ最大の大聖堂かつゴシック様式の建築物としては世界最大だそうですね。

高さだけでなく、奥行きは144m、幅も86mもあります。

色も黒っぽいのでとても重厚、迫力満点、圧倒されます。

1248年に着工、1880年に完成したということなので、632年かけて造られたんですね。

632年かけて造られたなんて、なんだかもう意味がわかりませんけどね。笑

 

午前中は残念ながら土砂降りだったので、大聖堂の中を見学しました。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043114j:image

 

大聖堂の中は、観光客が多すぎてなんだかあまり神聖さが感じられませんでした。

ステンドグラスはとても美しかったです。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043129j:image

 

 

お昼にはなんとか雨が止んでくれたので、南塔の展望台に登ってみました。

塔への入口は、外にあります。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043323j:image

 

塔への入場料は4ユーロ、リュックなどの大きな荷物は持って上がれないので、コインロッカーへ。

がしかしコインロッカーを見つけられなかったので、ケルン中央駅のコインロッカーに預けました。(結局あとになって大聖堂の中にロッカー見つけたんですけどねーわかりにくいところにありました。)

ちょっと余談ですがこの駅のコインロッカー、とてもハイテク!(ハイテクって久々に使いましたが、死語ですかね・・・?)

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043209j:image

 

地下にロッカーが埋め込まれているのでしょうか、コインを入れるとシャッター開くので、その中に荷物を入れます。

すると荷物がどこかへ移動し保管され、取り出したいときは預けた時に出てくるカードを入れると荷物が戻ってきます。

2時間4ユーロ、1日7ユーロで預けられるので、ケルン観光の際はオススメです。

 

塔の話に戻ります。

塔の階段は、やっとすれ違えるくらいの狭さで、とても長いです。

100m以上?登るわけですからね。

もちろんエレベーターはありませんので、体力に自信のない方はやめておいたほうがいいと思います。

結構キツイです。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043251j:image

 

上に登ってみると、景色はもちろんですが、人の目に触れないような大聖堂の上の方までしっかりと装飾が施されているのがわかります。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043508j:image

 

単に大きいだけではないところが、この大聖堂のさらなる魅力ですね。

 

その後、ホーエンツォレルン橋を渡ってライン川の反対側へ。

大聖堂は遠くから見た方が綺麗かも!と思ったのですが、曇っていて大聖堂が霞んでいたので残念・・・

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043536j:image

 

ちなみに大聖堂は夜見るのがオススメだそうです。

確かにとっても美しい。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601044741j:image

(http://e-stamatiou.gr/γερμανικά/より)

 

ホーエンツォレルン橋は、恋愛成就のための南京錠が隙間なく取り付けてありました。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160601043553j:image

 

私は性格的に、もし南京錠をつけた後に別れてしまったら、この南京錠を取り外さないと気が済まないと思うので、やめておきます。

って考えている時点で、私は恋愛成就なんて全く信じていないことがよくわかりました。笑

信じる信じないは別として、カップルには思い出作りのスポットになるかもしれませんね。

 

大聖堂で十分満足したので、ベルリンへ。

帰ることにはちょっと太陽が顔を出し、タイミングが悪かったなーと日頃の自分の行いの悪さを2日続けて感じた旅となりました。

 

おわり。