ゆるふわ生活

都会での生活に疲れてワーホリ行ってみたけど失敗した20代半ば♀、ゆる〜くふわっと生きてます。主に映画と本と美容とゆるふわについて書きたいです。

便利なアプリとひとりごと。

待ち受けにしたい画像があるのに、それを待ち受けに設定すると画像が拡大されてしまって思ったように表示されず、諦めてしまうことがしばしばありました。

しょうがないか、と思ってその度に諦めていたのですが、どうしてもこれを待ち受けにしたい!と思う写真があり・・・

どうにかならないものかと探していたら、ありました、素敵なアプリが。

 

『壁紙ぴったん』

壁紙ぴったん

壁紙ぴったん

  • Yoshinori Kume
  • ユーティリティ
  • 無料

 画像を待ち受けに合うように、上手にリサイズしてくれます。

しかもとっても簡単。無料。

文句なしです。

もっと早く出会いたかったー!

アンドロイド用もあります。

ぜひお試しあれ。

 

 

ちなみに現在の私の待ち受けは、こちら。

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160719074553p:image

 

TABI LABOというサイトにあった『3000日間、世界をひとり旅した男が語る「人生に大切な29のコト」』という記事の一部を写真に撮ったものです。

tabi-labo.com

 

『幸せをゼッタイに先送りしてはいけない』

これは、私が最も苦手としていることの一つです。

いつも、これが終わったら楽しもう、あれが終わったら楽しもう、と楽しむことを先ばしにしてしまいます。

今の仕事の忙しさが落ち着いたら・・・

仕事を辞めたら・・・

体調が良くなったら・・・

この試験が終わったら・・・

仕事が決まったら・・・

仕事が落ち着いたら・・・

26歳になり薄々気付き始めていました、永遠に気持ちが落ち着くことなんてないんだろうな、と。

そして、今を楽しめないようじゃこれから先何も楽しむことなんてできないだろうな、と。

遊ぶ時と頑張る時オンオフをはっきりさせたい、だけど不器用だから時間や日単位でそれを切り替えるのがとても苦手なんです。

だから、楽しむのは抱えているものがなくなったら、になってしまう。

だけど抱えていたものを一つ手放すと、すぐにまた別のものがやってきます。

その繰り返し。

わかってるんだけどなあ、どうしても、中途半端にできなくて。

不器用な完璧主義者、本当に、生きづらい。

というわけで、1日に何度もこの言葉を見ることで少しでも自分の心境や性格に変化が出るといいなあ、という期待を込めて、この言葉を待ち受けにしています。

 

さあ、きょうもほどほどに楽しんで、ほどほどに頑張ろう。