ゆるふわ生活

都会での生活に疲れてワーホリ行ってみたけど失敗した20代半ば♀、ゆる〜くふわっと生きてます。主に映画と本と美容とゆるふわについて書きたいです。

ドイツ&ポーランド旅 〜クラクフ編 ②〜

クラクフで泊まったホテル》

アウシュヴィッツを見終わり、クラクフへ戻ってきた私たち。

とりあえずホテルへ荷物を置きに行きます。

私たちが泊まったホテルは、こちら。

 

www.booking.com

 

ツインルームに宿泊しました。

一人2300円くらいかな?

バストイレは、共用。

共用と言っても、一緒に使うのは隣の部屋の人たちだけなので、綺麗で使い勝手も良かったです。

キッチンも付いていて満足です、使いませんでしたが。

隣の部屋の方が、食べくさしをたくさんキッチンに放置していて、それがかなーりきつい臭いを発していて、それだけはどうにかしてほしかったですけどね。笑

wifiの接続も問題なく、さくさくネットが使えました♪(部屋にもよるかもですが)

クラクフ観光の予定は一切立てていなかったので、感謝です。

ベッドも寝心地も文句無し!

夜中外が少しうるさかったようですが、私は前日ほどんど寝ていなかったので爆睡でした。

スタッフも親切で、チェックアウト後も荷物を預かってくれました。

 

 

クラクフの街》

クラクフは、語学学校の先生がとーっても綺麗な街だよと言っていたので期待していたのですが、その通りでした!

 

f:id:yurufuwa-nyanko:20160827113252j:image

f:id:yurufuwa-nyanko:20160827113455j:image

f:id:yurufuwa-nyanko:20160827113358j:image

f:id:yurufuwa-nyanko:20160827113514j:image

 ↑このお兄さんの演奏には鳥肌が立ちました。こんなに美しいMy heart will go onは聞いたことない。

 

本当に、美しい街。

そして、ドイツとは違って(笑)ゴミ一つ落ちてない、清潔さ。

そしてそして、ドイツとは違って(笑)愛想の良いポーランドの人々。(駅のトイレのおばちゃんを除く)

短い期間だったからかもしれませんが、とても印象の良い街でした。

ぜひまた来たいです。

 

 

《レストラン》

友人が、美味しいトマトスープが食べられるお店があるよ!と言っていたので、行ってみました。

それもどなたかのブログで読んだみたいです。

こちらです。

 

www.tripadvisor.jp

 

残念ながら写真を撮り忘れてしまったのですが、トマトスープ、食べてみました!

うううううううううう

まままままままままま

いいいいいいいいいい

!!!!!!!!!!

今まで食べたトマトスープの中でダントツの1位です。

トマトスープの中で、というか、スープ全体の中で1位と言っても過言ではないくらい。

ただ、2ヶ月も前の話です、おいしくて衝撃を受けた、という記憶はあるのですが、具体的にどんな味かリポートしてみろ!と言われたら、全然できません、ごめんなさい。

 

 f:id:yurufuwa-nyanko:20160827113722j:image

これらも美味しかったです、ああ、どうしてトマトスープ撮らなかったんだ・・・

ポーランドは物価が安いので気兼ねなくいろいろと食べましたが、どれも美味しかったです。

クラクフでイチオシのレストランです!

 

 

シンドラー博物館とゲットーの壁探し》

映画「シンドラーのリスト」でおなじみ、シンドラーさんの博物館へ行きました。

・・・がしかし私はシンドラーのリストを観たことがないので、観た上で映画の感想とともに、この件については書こうかなと思います。

 

 

 

クラクフは、歴史もあり、街も綺麗、食べ物もおいしく、人も優しくて物価も安い。

2日間だけの滞在なのでいいところしか見えてないのかもしれません。

ですが、とにかく素敵な街でした。

ぜひまたいつか、来たいなあと思います。

 

 

私たちの次の目的地はミュンヘン

後から考えれば、鉄道で良かったじゃないと思ったのですが、何を思ったか私たちは飛行機で、しかもコペンハーゲン経由という、なんで!?というルートで向かうこととなりました。

乗り換えのコペンハーゲン空港は、デンマークだしきっと綺麗で快適な空港だろうという私たちの勝手な予想を大きく覆してくれました。

寒い、椅子は少ない、そんなに綺麗じゃない、そして水一つお菓子一つ買うのも馬鹿らしくなるほどの物価の高さ。

唯一、空港職員やスタバのお兄さんの愛想が良かったのが救いです。

もう、デンマークは来なくていいね、と、空港だけで判断するのはどうかと思いますが、そんなことを思った私たちでした。笑