ゆるふわ生活

都会での生活に疲れてワーホリ行ってみたけど失敗した20代半ば♀、ゆる〜くふわっと生きてます。主に映画と本と美容とゆるふわについて書きたいです。

自分にも他人にも期待しない。

気持ちの低空飛行期間は、いつまで続くんだろうか。

日が短いからだなんて最初の頃は思っていたけど、もうすぐ夏だっていうのに全然上昇しない。

半年以上こんな気分が続くなんてきっと、うつだ。

でも、仕事には行くし週末には部屋の掃除もするし、普通に生活してる。

やっぱり、うつじゃないな。

ま、うつかどうかなんて問題じゃないんだけど。

 

頭にぐちゃぐちゃと漂い続けてる様々な考えや思いを言葉にしてすっきりしよ!と思ってブログを書き始めたのに、それすらもめんどくさくってもう書くのやめようって思ってる。

 

とりあえず、今日思ったことをメモしておこうと思う。

 

自分にも他人にも、期待しないこと。

 

やっぱりわたしは甘えすぎなんだと思う。

自己中なんだと思う。

依存体質なんだと思う。

特に恋愛。

だからダメなんだ。

だからもう、期待しない。

期待なんかしなければ、心が乱されることはない。

ずいぶん前、失恋の記事を書いたときかなあ、感情なんてなくなればいい、って書いたような気がする。

期待しないってことは、不要な感情をなくすことができるかもしれない。

他人に期待しない。

しない、しない。

 

他人に期待せず自分に期待しよう、って一瞬思った。

いや、待てよ。

私は、自分に期待しすぎている。

理想が高すぎる、たぶん。

だから理想と現実のギャップがつらくてたまらない。

真面目野郎なので、頑張ることは苦手ではない。

だけど、完璧主義で、統一性のない物事は嫌いで、それが強迫的な感情となって押し寄せてくるもんだからたまったもんじゃない。

それに、性格的になんでも器用にこなしていけるタイプでもない。

もう、自分に付き合うのに疲れた。

やめたやめた。

自分にも期待しない。

しない。しない。

 

 

さて、自分にも他人にも期待しないことで、日常的に感じているたくさんのストレスから解放されるだろう、きっと。

ストレスから解放されること以外で今の、いや、これからの私に必要なことはたぶんこれ。

 

純粋に楽しいな、幸せだな、って思うことをすること。

 

辛い感情は痛いほど感じるのに、幸せな感情ってなかなか自覚しにくい気がしてる。

純粋に楽しい、幸せって感じられることって、正直わからない。

なぜかって、他人の目線で自分のことを見てしまっているから。

自分でも意味がわからないけど、たぶん、私が楽しいとか幸せって感じてる(感じようとしている)ことって、他人から見て楽しそうだな、幸せそうだなって思ってもらえそうなこと、なんじゃないかと。

となりの青い芝生を見て、青い芝生に憧れて、私の芝生だって青いって誰かに思われたくて、もしもそう思ってもらえたらそれが楽しい、幸せ、みたいな。 

本当は表面だけ青くして、実際は枯れてるかもしれないのにね。

そもそも、他人は私の芝生の色なんて気にしてないのにね。

ばーか。

 

それと、常に成長してなきゃいけないっていうこれまた強迫的なほどの観念に押しつぶされながらなんとか生きてるんだけど、その成長ってやつから解放されたい。

誰にも必要とされない自分(特に恋愛において)に価値を感じられなくて、今のままじゃダメだって常に思ってる。

でもこれは、最初に言った他人に期待しないっていうことに反するから今日からやめよう。

他人に私の価値を評価してもらおうなんて、そんなこと良くも悪くも期待したってしょうがない。

 

他人の目も成長もどうでもいい。

自分が幸せで楽しければいい。

 

 

 

とりあえず、セックスしたい。